本文までスキップする
Interview
インタビュー

変わらない
想いを胸に。
利用者様に寄り添う。

Staff 森 美咲樹

2017年4月 入職
介護スタッフ

介護業界で働こうと思った理由を教えてください。

祖母が難病を患ったことがきっかけです。幼い頃から実家の近所にある祖母にお世話になることが多かったので、少しずつ体が不自由になっていくところを見るのがとてもつらかったです。

だからこそ、祖母の生活を支えることのできる介護士になることを決意し、福祉の勉強ができる高校に入学しました。現在祖母は訪問介護を利用しており、私も力添えできることは協力しています。

八多の里に入職した理由を教えてください。

インターンシップに参加させていただいたことがきっかけです。当時は学校で福祉の勉強はしていましたが、実際に利用者様とお話する機会はなかったので、ちゃんとご対応できるかとても心配でした。しかし当初自分が想定していたよりも意思疎通の可能な利用者様が多く、八多の里のスタッフさんとも仲良くお話することができ、この施設であれば楽しく仕事をすることができると思いました。

2度目のインターンシップでは、1度目の時にお話した利用者様が私のことを覚えてくださっており、とても嬉しかったことを今でも覚えています。利用者様とスタッフさんの印象がとてもよかったので、八多の里に入職を決めました。また母校の先輩が数名、八多の里で勤務されていたことと、先生からの推薦もあったことも理由の1つです。

八多の里に入職してよかったことを教えてください。

内部研修や外部研修、資格取得の支援に力を入れていることです。

介護に関する資格はたくさんあるので、何から取得すれば良いのか分からないということをよく聞くのですが、八多の里では自分に必要な資格を勧めてくださるので、安心して働いていただけます。

苦戦したことを教えてください。

入職当初、お風呂が苦手な利用者様を担当させていただいたのですが、「お風呂に行きましょうか」とお誘いしても何度も断られることがありました。何がだめだったのか自分なりに色々と考え、「◯時くらいにお誘いに来るので、お風呂に行きましょう」と事前にお約束をしてみると、快く来てくださいました。

「もし自分が利用者様と同じ立場だとすれば」と考えることは介護においてとても重要だと思います。お声がけ1つにしても様々な方法があり、その方法を見つけるには利用者様とのコミュニケーションが大切です。今後も利用者様一人一人に適したお声がけや介助の方法について研究していきたいと思います。

嬉しかったエピソードを教えてください。

ある日の業務が忙しく、疲れて食堂の掃除をしていた時、普段なかなか意思疎通ができない利用者様が背中をさすってくださったことを今でも覚えています。

どのような意図があったのかは分からなかったのですが、残りの業務も頑張ろうと思えました。

未経験で入職される方に対して伝えておきたいことはありますか。

介護は利用者様の日々の生活を支えるものです。介護は誰でもできるお仕事ですが、未経験で入職される方は覚悟が必要な仕事だと思います。この仕事は大変です。

介護職を視野に入れている方は、介護についてのドラマもいくつかあるので見ていただければ、仕事内容や雰囲気を理解することができると思います。介護をしていると自分と仲の良い利用者様が亡くなる時もありますが、人生最後の時間に寄り添うことができる素敵な仕事です。